ネコ夫婦の家づくり日記

30代ネコ飼い夫婦が中古マンションリノベに挑む!

キッチンは対面or壁付け?

家作りをする人にとって悩むのがキッチンの形。最近のお家だと対面のキッチンが多いと言われています。その理由として子供に目が届く、家族との距離が近いことが挙げられます。

 

実際、我が家も最初に図面を出してもらった際には対面ペニンシュラ型でお願いしました。実際に図面に起こしてみると、十分な作業スペースを確保するためにリビング側にどうしてもせり出してくることが判明。

 

我が家が依頼したリノベ業者さんは住み手の快適性を重視しているので、キッチンで2人が作業するには最低◯cmの幅が必要という風に考えて設計していきます。

 

今よりキッチンがリビングに出てこないように設置することもできますが、それだと結局狭くて作業しにくいという結果に。

 

リビングは少しでも広く取りたかったので、最終的にリノベ前と同じ型の壁付けL型にしました。L型はコーナーの収納がデッドスペースになるのではと心配してましたが、ショールームで実際にL型キッチンを見て、コーナー部分も収納があったので大丈夫かなと。

 

また以前と同じ型にすることで水道管の位置の移動がなく、コスト削減にもなりました。キッチンの場所を大きく変えると新たに水道管を伸ばしたり工事が必要です。

 

l型キッチンのメリット

最近はⅠ型を選ぶ方が少ないようですが、個人的にはありだと考えてます。

その理由がこちら。

  • 省スペース
  • L型よりも安い
  • 対面Ⅰ型にする場合、造作壁をつけたら安いランクのキッチンでもリビング側から隠せる

 

f:id:neko22house:20171120185041j:image

シンプルなⅠ型に写真のような造作壁をつけることでイメージ違いますよね。

 

既存の吊り棚収納をやめて、オシャレな無垢材の棚板やアイアンラックを吊るしたらシンプルなⅠ型でもすごくイメージが変わると思います。

 

目指すは既製品を上手く工夫して、造作キッチンと見間違えるような雰囲気のキッチンにすること!