ネコ夫婦の家づくり日記

30代ネコ飼い夫婦が中古マンションリノベに挑む!

サンゲツで壁紙選び

打合せも終盤に入り、いよいよ壁紙選びのステップへ。

メーカーに特に強いこだわりがなかったので、リノベ業者おすすめのサンゲツから選ぶことにしました。さっそくFINEとRESERVEシリーズのカタログを拝見。

 

カタログでは実際の壁紙を小さく切ったサイズが貼ってありますが、これだけだと全然イメージが分からない。という訳でハービスOSAKAの中にあるサンゲツのショールームに行ってきました。

 

 

 

我が家のお家の壁紙は基本白ですが、所々アクセントクロスを使う予定です。

カタログを見て気になっていたのが、FE10171(ハーベスト)です。

f:id:neko22house:20171126160607j:plain

グレーと黄色の2カラー展開ですが、どちらも色ムラがおしゃれでした。

ショールームに行くと実物の大きなサイズの壁紙が見れます。

f:id:neko22house:20171126161143j:image

 上のFE1017を寝室に、下のFE1018をキッチンのアクセントクロスに採用決定。

 

ちなみに採用はありませんでしたが、サンゲツにはFinlaysonシリーズの壁紙もあり、北欧インテリア好きな方や子供部屋にはとっても似合いそうでした。

f:id:neko22house:20171126161753j:plain

壁紙選びのポイント

柄物のクロスに注意

柄物のアクセントクロスはサンプルの小さな紙て見るととっても可愛らしいのですが、壁一面にはった時にイメージと違って柄がうるさいなんてことも。品番で画像検索をして、同じ壁紙を採用した方のブログ写真などを見ると全体のイメージが分かりやすいです。

 

照明によって壁紙の色の見え方が違う

灯りの下で壁紙を見ると実際の色と違って見えることがあります。同じ壁紙でも蛍光灯とオレンジがかった電球の下で見るのとでは色味が異なります。壁紙をはる部屋の照明との組み合わせも考えた方が失敗が少ないと思います。

 

業者のオススメを選ぶのもあり

壁紙選びで大量のサンプルをもらい、比べているとだんだん訳が分からなくなってきます。最後には思い切りも必要。比較が難しい白の壁紙などはリノベ業者にオススメのものを選んでもらうのもありです。

 

広告を非表示にする