ネコ夫婦の家づくり日記

30代ネコ飼い夫婦が中古マンションリノベに挑む!

工事の進捗確認と問題発生

工事完了予定まで3週間を切った日に、お家を見に行きました。

キッチンが設置され、壁紙をはる作業も進んでいました。工事中なのでダンボールで覆われています。

f:id:neko22house:20171203173729j:image

サンゲツのアクセントクロスがいい味を出していました。独特のムラがお気に入りです。憧れの棚板も設置されていました。しかし、ここで想定外の問題が発生。

 

問題①

棚板の角が丸く削られているのです。なんだかナチュラルなイメージに。角で頭を打たないようにとの大工さんの配慮なのかもしれませんが、特に丸角で注文していなかったので当然普通の角有りになっていると思っていました。すぐに連絡し、後日修正してもらいました。

 

問題②

寝室、洗面所はアクセントクロスの予定でしたが、普通の白い壁紙になっていました。リノベ業者の担当者とは何度も壁紙の打合せをしていたので、現場監督に伝わってなかったものと思われます。早急に担当者に連絡し、直してもらいます。

 

問題③

キッチンのダウンライトとシーリングライトのプラグの位置が近すぎて、シーリングライトいらないんじゃないかという展開に。(写真中央の2つの隣り合った穴です)水道管の関係でキッチン本体が全体的に前にせり出してきたため、ダウンライトも前に出てきたことが原因です。ちゃんとそこまで計算して照明の位置を決めるべきでした。

 

問題①②に関してはびっくりな事件でしたが、どちらも無事解決できたのでよかったです。③は天井の壁紙を貼り終えた今、位置の修正が難しいかもしれません。

 

我が家は大阪→京都まで工事の確認に行くので、さすがに毎日家を見に行くことはできません。今回の件は早めに気づいたのでよかったのですが、完成が遅れるなんてことになっていたかも。

 

こまめな現場確認と打合せ内容を文字に残すことが大事だと学んだ一件でした。

 

壁紙の記事はこちらもどうぞ。

neko22house.hatenadiary.jp

 

 

 

広告を非表示にする