ネコ夫婦の家づくり日記

30代ネコ飼い夫婦が中古マンションリノベに挑む!

和室に合う照明を北欧リプロダクトで

照明がついていなかったリビング横の和室スペースに照明を設置しました。

今回、選んだのはこちらのお花のつぼみのような形のペンダントライトです。

f:id:neko22house:20180119075331j:image

 もしかしたらこのライトの形に見覚えがある人もいるかもしれません。実は北欧デンマークのLE KLINTのリプロダクトです。

デンマークの建築家、P.V.イエンセン・クリントが立ち上げた照明メーカー レ・クリントの代表的な作品。

最初からこの照明をリプロダクトで探していた訳ではなかったのですが、たまたまネットで見つけたこの商品を調べたところ、どうやらリプロダクトでした。個性的なデザインなので、見覚えがありました。

 

本物

 

今回購入したライト

 

本物と今回購入したライトを比べてみるとパッと見、本当に違いが分かりません。

 

「リプロダクト製品」は北欧のデザイナーズ家具やライトでよく目にする言葉です。先日、購入したスツール60も多くのリプロダクト商品が出回っていますし、セブンチェアやYチェアもリプロダクトだとかなり安く買えます。本物を買う余裕はないけど、気軽に北欧インテリアを楽しみたい人にはありがたい存在です。(でもいつかは本物がほしいなぁと夢見てます)

 

接続したら点灯!白いランプシェードから薄っすら優しい灯りがもれてキレイです。夜はこんな感じです。中に取り付けた照明が手持ちの60Wなので、やや暗いですが、近々もっと明るいLEDに取り替える予定です。コードが綺麗に収まっていないのはお許しを。笑

f:id:neko22house:20180118135157j:image

昼間の電気をつけていない時でも、オブジェのようで可愛らしいです。

f:id:neko22house:20180119075404j:image 

 プラスティック製なので、軽くて扱いやすいのもポイント高いです。

今回のリノベで新たに照明をいくつか購入しましたが、和室の照明選びが一番難しかったです。旅館にありそうな純和風の照明も違和感があります。特に我が家の和室はリビングと一体化して常にオープンなので、洋室・和室の両方の雰囲気に合うものを探しました。

 

届くまでは本当に和室に合うかドキドキしていましたが、つけてみたらバッチリで一安心。また一つ我が家のお気に入りの空間が生まれました。

 

照明に関する記事はこちらもどうぞ。

neko22house.hatenadiary.jp