ネコ夫婦の家づくり日記

30代ネコ飼い夫婦が中古マンションリノベに挑む!

管理組合の話

マンションを所有している人であれば避けて通れないのが管理組合。賃貸では無縁だった管理組合ですか、一所有者になった今、マンション全体のことも考えていく責任があります。

f:id:neko22house:20171129184107j:image

 

ネコ夫婦のマンションは築年数が古いこともあり、都心の便利な立地にあるにもかかわらず住人の多くがご高齢の方です。やはり保守的な方が多く、マンション全体の大規模な修繕には消極的だそう。大規模改修=管理費が上がるというイメージから反対派がいるのも理解できます。

 

管理会社としてはそろそろ大規模修繕の時期に来ているので進めたいけれど、管理組合が難色を示して進んでいないのが現状です。そこでなぜか白羽が立ったネコ夫婦。

ある日ネコ夫宛てに管理会社から電話がきました。内容はぜひお若いネコ夫さんに管理組合の役員になってもらって、改革していただきたいというもの。

 

考えようによってはありがたい話ですが、残念ながら今回は丁重にお断りしました。我々もマンションの住人になったばかりで、マンションのことはもちろん、どんな方が住んでいるかもまだ分かっていません。そんな我々が引き受けるのは荷が重いし、長く住んでいる方にとっても新入りがいきなり管理組合に参入することに気が引けます。

 

しかしながら今のマンションの現状を放置できないのも事実で、ネコ夫はいずれは管理組合の役員をやってみたいと興味を持っている様子。まずは数年住んでみてから様子を見てみようと思います。

 

マンションの管理組合は大変そうというイメージから敬遠されがちですが、管理会社にお任せするのでなく、所有者がマンションの将来に積極的に関心を持っていくことで、資産価値を維持することにもつながると思います。毎月管理費を払っているからこそ、皆が安心して住めるように有効に使ってほしいものです。

 

また数年後に今回のような話が舞い込んだらその時は引き受けるつもりでいます。マンション運営については全くの素人ですが、今から少しずつ本などで勉強していくのも自分の知識になって面白そうです。

 

20代で中古マンション購入に至るまでの話はこちらもどうぞ。

neko22house.hatenadiary.jp

neko22house.hatenadiary.jp

 

広告を非表示にする