ネコ夫婦の家づくり日記

30代ネコ飼い夫婦が中古マンションリノベに挑む!

無印の長押の取り付け作業メモ

f:id:neko22house:20171211181104j:image

無印の壁に付けられ家具シリーズは有名ですよね。壁を傷付けずに付属のピンで固定できます。(画像無印HPよりお借りしました)

 

ネコ夫婦は最初、これを使って壁にキャットウォークを作れないかと考えました。しかし調べてみると、耐荷重的にワガママBODYの我が家のネコさんを支えきれないため、あえなく断念。

 

様々なシリーズが出ていますが、長押が玄関の土間スペースに合いそう!と設置してみました。長押と書いて「なげし」と読みます。ネコ妻のように「ながおし」と呼まないように。

 

当初はこの玄関のオープン収納にハンガーパイプをつけるつもりでした。しかし奥行きが狭くてハンガーをかけるとコートの半分が手間に飛び出すことが判明。

 

そこで白羽の矢が立ったのが無印の壁に付けられる家具シリーズの長押です。

写真で見るとただの木の板のように見えますが、木の間に溝がありそこにハンガーをかけたり小物をディスプレイできます。長押はもともと和室の壁にあるものです。

 

無印の長押は幅44cmと88cmの2サイズ。木の種類もオークとウォールナットから選べます。

f:id:neko22house:20171211181822j:image

 

長押のメリット

  • ハンガーをかけたり、小物を飾ったり使い方が色々
  • フックのように突起物が出ていないので見た目もすっきり

 

冬のコートを家の中に持ち込みたくないので玄関にかけようとしましたが、冬以外の季節はコートかけでなくインテリアのディスプレイに使ったり、S字フックで帽子をかけるという使い方も可能です。実際、コートをかけない今の季節、我が家ではインテリアコーナーになっています。

アイディア次第で様々な使い方ができるのも長押の魅力です。

f:id:neko22house:20190706132545j:plain